忍者ブログ
日常の出来事などの記述です。 「雀記会」(麻雀成績)は「1位」-「2位」-「3位」-「4位」、収支、場代、の順。着順の推移でないことに注意。収支に場代は含まず。例えば「収支+2500、場代3000」だったら、麻雀自体の収支は+2500だが場代に3000円かかってるので実質の収支はマイナス500円。
[296] [294] [293] [292] [291] [289] [290] [288] [287] [286] [285]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稲葉が千歳船橋に引っ越したわけだが、そこにピンのフリーがあるとのこと。すでに稲葉は常連になっているそうだが、行く機会が作れたので行ってみた。ちなみにこの日はすでにビール大ジョッキ3杯飲んだ後。量は多いが、酔いはそれほどではなく、体調自体は悪くない。

この店はピンの1-3で、アリアリ面前祝儀。オカがやや高いがルール自体は至って普通である。「街のマージャン屋さん」といった感じで、客層は50~70歳くらいのほとんど常連という感じだった。2卓立っていて稲葉と別卓にするため、1時間ほど待って入卓した。

最初3半荘はとにかくボロボロ。テンパイどころかイーシャンテンすら入らないのに先行攻撃に刺さるという展開だった。3位→4位(飛び)→4位で、いっときはマイナス25000円まで行った。55000点ラストなのだが3半荘目の最後、自分に親番が来て配牌を見たらダブリーだったのだが、実は直前の局で下家が55000点に達していて、西家くらいのところで中断となった。ご丁寧に次ツモを開いてくれた人がいたのだが、1発ツモだったというおまけつき。他にも「くっつき」がうまくいかず、単独の赤やドラを抱える→くっつかず離す→直後にくっつく、なんて展開が多々あった。離した時に直接刺さることもあった。

これはどんだけ負けるかわからないなと思っていたが、この店では4半荘に1回場変えをしてもよいということである。その権利は4回目にラスを引いた人にある。それは自分だったのだが、面白そうなルールなので行使することにした。するとここから状況は一転。あっさり両面テンパイが入るようになる。当然即リーするわけだが、スコスコツモれた。この後1位→1位→2位で全体の収支はプラスに転じた。

あえてやさしい卓に入れてくれたのかもしれないが、はっきりいって負ける気がしない感じだった。(とはいっても最初は負けてたわけだが、、、)。ただスピードはものすごくゆっくりである。6半荘打つのに4時間半かかっていた(3回も途中終了があったのに)。スピードの遅さにキレなければ相当やりやすい店だと感じた。稲葉は遅さを気にしない人間なので刈り放題らしい。

さて、途中で同卓者から焼き鳥の差し入れがあった。どうせコンビニかなにかで買ったものだろうと期待しないで食べたのだが、実はものすごくおいしかった。後で聞いたのだがこの人は焼き鳥屋を経営している人とのことである。それとは別にケーキもご馳走になった。同卓のおばあさんには「若くて清潔感があるから打ってて気持ちいい」とか「若くてやさしいからモテるでしょう」とか言われた。雀荘に限らず女性にそんなことを言われたのは初めてで、相当ホルホルした。稲葉の家に行くときはまた通おうかと思う。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
ブログ内謙作