忍者ブログ
日常の出来事などの記述です。 「雀記会」(麻雀成績)は「1位」-「2位」-「3位」-「4位」、収支、場代、の順。着順の推移でないことに注意。収支に場代は含まず。例えば「収支+2500、場代3000」だったら、麻雀自体の収支は+2500だが場代に3000円かかってるので実質の収支はマイナス500円。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日のナポ。砂と同卓するも例によって運量の差があり、糞配牌。1周まわって砂がスペ10で立ち、俺以外のプレーヤーがパスしてきた。

俺までパスすると砂にスペ10でやらせることになる。そんなのは嫌なので一応ハート11で立った。それに対し砂は即座にスペ11で来た。

どうも勝負手が入っているらしい。その後チョコチョコ上げてスペ14まで行かせた。

結果連合が7枚とって連合勝ち。相手が砂じゃなきゃここまで露骨な上げはしないが、会心のゲームとなった。
PR


稲葉が持っていて俺が持っていない通り名に「常勝中」がある。出現条件は5連勝。

そもそも因幡がこれを得たのは俺が代打ちをしたときのこと。因幡のIDではあっさり達成できた。

なのだが自分のIDでは一向に達成できない、、、。4連勝までは行くのだが最後に勝てない展開が続いた。

最近になってようやく達成できたのだが、因幡の「間の良さ」を再認識させられた。
先日のナポにて、自分は副官。お願いマイティのあと切り札刈り。さらに5順目くらいにセイム2で取り、得た主導権で再び切り札刈りをした。

ナポは役札はジョーカー、正ジャック、裏ジャックと総持ちだったものの、切り札自体は正ジャックを含む3枚しかなかった。なので俺の2回目の切り札で正ジャックをあぶってしまい、その後はナポ軍が主導権を取れず結局敗退した。

試合後、ナポに「副官が俺の切り札を刈りまくったから負けた」とかチャットで打たれた。切り札刈りなんて基本戦術だろ。されたくないんだったらお願いマイティにしろセイム2しろ、副官である俺に主導権を渡さなければいいだけのことだし。

最近ナポの接続人数が少なくなっているのが分かる気がする。


先日のナポ。トップ目で向かえたオーラス。

▼が2やジャックを含む5枚あるので、とりあえず▼で13枚あたりまで競ろうと思っていた。ちなみに俺の場合、競りの段階で副官指名札と1順目の回し方まで考えておく。この場合は◆や★を捨てて1順目はお願いマイティ。捨てたスートがリードされた順に主導権を取り返し、▼2→正ジャックの順で切り札狩り。副官をジョーカーにして1順目正ジャックという手もあるが、ジョーカー請求の恐怖が付きまとうし、▼2がまわらないことを考えるとこの手で正解だと思う。まぁジョーカーと裏ジャックが連合にいることを考えると14枚だと厳しい。13枚が限度。

と思っていたのだが最初の宣言者が突如▲20で宣言してきた。もちろん即決である。結局2順でナポ軍の負けが決まり、そのあとは消化ゲームと化した。

その局に勝ったし、半荘で見てもトップで負われたからRP的にはいいのだが、やっぱネットゲームだとこういうプレーヤーっているよな。なんとかならんものかね。
続ナポレオンにおける麻雀用語。リアル(非ネット)版。

「多牌」「少牌」
カード枚数がおかしくなること。その人だけ和了放棄にすれば済む麻雀と違い、全員に迷惑が及ぶ。

「チョンボ」
ルール違反。良くあるのが「ハートがリードされハートを持っているのに別のスートのカードを出す。」

「先切り」
自分の順番がまだ来てないのに先に切ってしまうこと。その人にとっては強制手でも、その情報の有無はゲームを左右するので、基本的にチョンボ級の反則。
ナポレオンは麻雀と似たシステムを持つ部分があるので、同じ用語がいくつか使える。

「順目」=5人がカードを1枚ずつ出すその回
「局」=ラウンド
「半荘」=ゲーム全体
「卓」=部屋
「同卓」=同じ部屋でプレイすること
「卓を立てる」=部屋の新規作成
「親」=ナポレオンのプレーヤー
「子」=副官+連合のプレーヤー
「起家」=部屋を作ったプレーヤー(第1ラウンドで一番最初にナポ宣言をするので)
「上家」「下家」=自分の右、左のプレーヤー、対面は2人いるので「右対面」「左対面」という
「連荘」=連続でナポになること
「配牌」=最初に配られたカード
「ツモ」=ナポレオンが宣言後に取る3枚のカード
「チョンチョン」=ナポレオンが宣言後に取る3枚のカード(親だけ配牌が多いという観点から)
「捨て牌」=切ったカード、あるいはナポレオンが宣言後に交換して捨てたカード
「海底」=10順目、狭義に10順目の最後の出し順のプレーヤーの出したカード
「対子」「暗刻」=同じ数のカードが2種類3種類あること、2やジャックに用いられる
「オタ風」=平札、つまり切り札ではないスート、台札を含めないこともある
「トップ目」=まだ終了していない状態での1位
「ドラ」=正ジャック、裏ジャック(切り札によって価値が変わるところがドラ表示牌によって価値が変わるのと類似)

応用編
「三味線」=チャットで嘘などを言うこと
「テンパネ」=18~20ボーナス
「絶一門」=少ない枚数のスートを切ることでそのスートのカードを無くすこと
「足引き」=ナポが負けることで副官にも点が入らないこと、「巻き込み」と同義
「トリガミ」=副官で勝った際、ナポに4点の差をつけられること
「龍ならな~」=最善を尽くすも結果的に悪手である手
「嶋田さん」=ハートの12でナポ宣言すること


先日のナポ。図のような配牌がキタ。マイティもジョーカーもなくジャックも無い上に色の方よりも無い。まぁクズ配牌である。

のだが自分の左が12枚で宣言し、それ以外がみんなパス。つまり自分が立たないとそのまま12という低宣言が通ってしまうことになる。しかしこの配牌である。さすがの俺でも宣言できずにパス。結果12枚で通り、そのまま負けた。

ナポが決まった直後のこと、自分のふたつ右のプレーヤーが名指しで「12で通すのは素人」とか抜かしてきた。はあ?だったら自分で吊り上げろよ!みんなギリギリのところで勝負してんだよ!

アルテイルの場合、ぐるぐる温泉という洗練された場があった以上、稼動初期の段階で上級者が多々いる。なのだがそれは初心者が入りにくいということにもつながっている。実際最近初心者はだいぶ減った。それはこういった温泉経験者等ナポに慣れているプレーヤーで暴言吐くプレーヤーがどんどん初心者を萎えさせていったからのように思える。どうにかしないと先は無いのかもしれないと思うとゾッとするが、、、。


追記
結局、自分のふたつ左のプレーヤーが副官だったのだがマイティ、ジョーカー、裏ジャックのすべてを持っていた。(偽ジャックも1枚)。そのプレーヤーが立たないんならそりゃ誰も立たないよな。見たところそのプレーヤーは初心者。ナポになるのが怖くてで回避したのだと思う。以前ナポになって負けて暴言吐かれたんだろう、、、。
基本ナポは仕事後家に帰って食事しながらやっている。もちろん酒を飲みながらなのだが、俺が飲むのはもっぱらビールである。ということでラウンドの最後の方はいつも尿意との戦いとなっている。

そんな状況だと集中力、記憶力がともに薄らぐ。ということで俺はオーラスにまくられることが非常に多い。
昨日稲葉から来たメール。「昨日も凹負け。どうも副官との呼吸がうまくいってないようです。」

負けている原因を自分に求めず副官のせいにしているところがさすがです。麻雀で例えると「砂さんが2家目に振り込むからまくられたよ」とか「砂さんが親に泣かせまくるから簡単にホンイツ上がられたよ」といったところでしょうか。

不完全情報ゲームである以上、副官はナポの思い通りに働けないことは念頭におくべきでしょう。「副官が自分の思いとおりに働かない」と嘆くのではなく、「副官がやりやすい状況を作り出す」のもナポの役目です。


稲氏からナポレオンのランキングについてのメールが来た。その日のランキングでは俺よりも稲氏の方が上なのでそれを自慢するメールである。真の実力は俺の方が上だと言いたいが、こういった数値化されてるもので劣っている以上、素直に負けを認めた。

麻雀はこういうのがないからダメだよな。誰が「強い」「うまい」のかをはかる指標がない。店舗大会や直接対決で決着つける方法もあるが数半荘くらいじゃ表出しない。結局「強そうに」「うまそうに」見える人が「強い」「うまい」と思われるしかない。


参考:昨日のレーティング
大氏=1668(91位)
稲氏=1644(129位)
沢氏=1596(223位)
砂氏=1483(4774位)


先日のナポ。ナポレオンが砂さんで俺はジョーカー指名の副官。その1順目、砂さんは絵札3枚捨てで切り札であるハートのAをリード。

絵札を3枚捨てている以上、この順目はナポが確実にの取れる算段がある順目である。ハートAよりも強いカードはマイティ、ジョーカー、正ジャック、裏ジャックの4枚がある。(1順目セイム2はなし)。リードがハートなので事故が起きない限りマイティと裏ジャックは出てこない。ジョーカーは副官指名札。この時点では正ジャックを連合に出されると取られてしまうが「勝てる算段がある」わけなので、正ジャックも砂さんが持っていると読める。

さて俺の手牌。ハートは3とK。またジョーカーも出すことが出来る。正ジャックをナポが持っている以上ジョーカーをかぶせる手は無い。ハート3とハートKの選択だが、「絵札をナポに乗せる」「ハートKという比較的強いカードを葬る」という観点から最善手はハートK。結局この局はナポレオン軍が勝った。

結果的にはハートKが最善手なのだが、「砂さんに絵札を乗せる」という行為はいささか屈辱的である、麻雀で例えると残り900点のヤツを抱える2着目の流局時にそいつがノーテンなので倒せないという状況か。


切り札スペードで、副官指名はマイティ。自分は正ジャックを持っていて、かつハートQとクラブ3を持っていた。正ジャックで主導権を取りそこでジョーカー請求、そして最後によろめきと、これは一暴れできるなとほくそ笑んでいた。

1順目、ナポはジョーカーで切り札刈り。この時点でクラブ3の価値が無くなる。そして2順目、写真のようにナポは低位札で切り札刈り。マイティが出てきてハートQの存在意義がなくなるだけでなく、同時に正ジャックも刈られてしまった。

結局この局は18ボーナスで敗北。防ぎようは全く無いのだが非常に萎えた。
アルテイルではまだオネマイが浸透していない。のだが、ナポになった際、オネマイが最善手だったのでしてみた。

しかし副官は気づけず、結局負けた。

終局時、俺が「ごめんなさい」と打ったのに対し、副官は「ナポレオンは巻き込んでなんぼですから」と言ってきた。

巻き込まれたのは俺だよ!
I氏とナポやってたときのこと。氏は「いつもジャック系を忘れるんだよね。特に裏ジャック」とかのたまってた。

麻雀で例えると「北北67p(白ポン)(発ポン)(1pポン)ロン8p」でホンイツを忘れ「役役テンパネで2600」というのと同じ。

まぁこういうことを経て強くなるんだけどね。
昨日のナポ。インアバさんがナポになり、Jo指名で俺が副官になった。
稲葉は得点札を1枚捨て、切り札でないKをリードした。その時点で当然俺はお願いジョーカーに気づいたので、やれやれと思いながらもジョーカーをだそうとした。

しかしここでインアバさんは突如「おねじょ」とかチャットで打ってきた。このごに及んで指示とは、、、。結果俺+インアバ軍が勝ったものの、他のプレーヤーからの祝福はなく、落ちたプレーヤーもいた。

インアバさんのネット倫理観はまだまだ幼稚園レベルと言わざるを得ない。


さらに昨日デスノトさんとも同卓。スペード切り札で俺は連合、デスノトさんはjo指名の副官。ナポは点数札1枚捨てでK10をリードした。もちろんお願いジョーカーなのだがデスノトさんは気づけずKQとか出していた。結局そのKQでその順目は取れたのだが、裏Jやクラブの上位札を持っていない以上それはあくまで結果論である。

席順が違ってたらきっちり殺せてたんだけどな、、、。まぁ指示めいたことを言わなかったり、暴言を言わないだけましだが。


稲葉の家でナポってたときのこと。写真のような手牌が来た。切り札はスペード、副官がJoになった(稲葉は連合軍)。

俺が「この手牌すげー強いよ!」と言ったのだが、稲葉にはわからなかったらしく「はぁ?どこが?」と言い返された。

1順目、ナポは3枚絵札を捨ててマイティをリード。もちろんよろめき成功。この時点でやっとこの手(スペードがなくHQ持ち)の強さがわかったようである。

麻雀に例えると手の中で三色が出来てるのに気づかないといったところか。稲葉のナポ力を麻雀でいうと和光大雀士K君くらいだと思う。


先日、砂氏とナポやってたときのこと。1試合目=砂氏ナポで勝ち+俺=連合で負け、2試合目=俺ナポレオンで勝ち+砂氏副官という結果の回があった。この時点で砂=12、俺=8、他プレーヤーA=4、他プレーヤーB+C=0となっている。

3試合目、写真のように俺がナポで砂氏が副官。結果はパーフェクト勝ちだった。

俺は全力で勝ちにいっていいのだが、砂氏は少々ぬるい。通常勝利だと4点しか差がつかないのに、パーフェクトだと6点の差がつく。結局この回で逆転し、そのまま終了した。

つまり砂氏はもちろん勝ちは狙うがパーフェクトまでしてはいけないのである。にもかかわらずパクパクカードを食べていた。

麻雀で例えると箱下精算無しのルールのトップ目で箱割れ寸前のプレーヤーから18000を出上がるといったところか。


追記
こういった得点調整は仲間内だからやっていいことです。見知らぬ人相手にはしない方が無難です。
自分が副官になり、おねマイで1ターン目に出たときのこと。切り札がすべて出され、残る役札がJoと裏Jだけだった。

リードはナポだったのだが、なんと切り札刈りをしてきた。もちろん誰も切り札は出さず、10順目に裏Jで取られ負けた。

切り札の数くらい数えとけよ!このようにナポの「数え」が足りないことによる巻き込みはホント腹が立つ。
昨日サッカー帰り、成増の稲葉の家に泊まりに行った。お互いお腹はいっぱいだったし、俺はもう声が出ないので、飲みは適度で切り上げてカラオケにも行かず稲葉宅へ。

で始めたのがナポレオン。俺は全国ランク50位くらいと超上級者だが、稲葉はまだまだ初心者で、俺が指導するという形で遊んだ。

そんな中稲葉は1ラウンドの部屋を部屋を作ろうと部屋メッセージで「1R部屋」とか書いていたのにもかかわらず、誤って4ラウンドで立てるということがあった。

同卓者からは「4Rですか?」とか「1Rですよね?」とか書き込まれるのに対し、稲葉は「4Rにしちゃったよー」とか打ち返していた。

そこは平謝りの局面だろ?彼を出禁設定にするプレーヤーは多くいそうだ。



最近はじまったアルテイルのナポレオン。面白いだけでなく麻雀に通じるネタも多く拾える。今後ナポネタ増えます。
最近始まったアルテイルのナポレオン。まだ始まったばかりということもあり、お願いマイティ他定石をわかっていない初心者が多い。早く高いレベルでの勝負がしたいね。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
ブログ内謙作