忍者ブログ
日常の出来事などの記述です。 「雀記会」(麻雀成績)は「1位」-「2位」-「3位」-「4位」、収支、場代、の順。着順の推移でないことに注意。収支に場代は含まず。例えば「収支+2500、場代3000」だったら、麻雀自体の収支は+2500だが場代に3000円かかってるので実質の収支はマイナス500円。
[376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先週末は代表戦のためサッカー観戦はなし。ということで土曜の夜は甲府に遊びに行った。まずはクイズ。趣雑大会を堪能した後、麻雀を打ちに行った。案の定前回打った大三元の張り紙に「面前」という文言があった。

この日は前回からタメ語になったメンバーとずっと同卓だった。このメンバーが強い強い。最初のうちは自分が先行好形リーチを打つも追いかけられて振り込むという展開が多く。最終的には俺がベタ降りから打つという展開になっていった。彼のリーチに自分がソーズを244477と持っていて、ソーズがあるなら47sと思い2sを切ったのだが、シャボで待たれているなど、やりたい放題された。

「5589p67m67778s西白」という配牌。ここから第一ツモで6s、第二ツモで4枚目の7sを持ってきて「5589p67m6677778s」となった。今の自分の実力じゃソーズ部分は裁けない。ソーズは2面子にとどめ他のソートで待つ予定だった。このあと5pを重ね、ひとまず89p落とし5559p67m6677778s)。ソーズを処理して58mで待ちたかった。しかし、8mをあっさりと引いてテンパイ(555p678m6677778s)。5869s待ちのはずだが、自信はなく、他プレーヤーの時にゆっくり待ちを確認するつもりだった。しかし一発で9sが打たれる。逡巡の後にロンをかけた。多面待ちは毎日麻雀をしているわけではない俺には難しい。

さて戦績。1-2-1-4で-12300円(場代2400(2半荘分の無料券利用))。最近点5じゃ勝てない。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
ブログ内謙作