忍者ブログ
日常の出来事などの記述です。 「雀記会」(麻雀成績)は「1位」-「2位」-「3位」-「4位」、収支、場代、の順。着順の推移でないことに注意。収支に場代は含まず。例えば「収支+2500、場代3000」だったら、麻雀自体の収支は+2500だが場代に3000円かかってるので実質の収支はマイナス500円。
[281] [278] [279] [277] [276] [275] [273] [272] [271] [270] [269]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長野のクイズの大会に行った際、帰りに甲府のなきむしいちごに寄った。はじめはメンスリーで、次第に客と変わっていった。この日は最強氏はいなかったけど、行ったらいつもいる氏がいないのは珍しい。

メンバーのうち1人は最近メンバーになったばかりっぽい人で、今回がはじめてである。手つきもおぼつかなくて、聞くところによると点数計算もうろ覚えらしい。その彼とは1半荘だけ打って4位だったが、面白そうな人だったので定着してほしいね。

さて1半荘目の東1局。配牌のマンズの形が134666sだった。よく「14や69などスジで持っている時は字牌よりも先に外を払うべき」なんて言われるけど、俺はまず字牌(それも役牌)から落とすことにしている。ということで1sは4~5順手においておいた。すると5sを引いてきて1345666sに。他スートでも頭が出来ず、そのまま12s待ちでリーチ。安牌が増えない展開で終盤1sが出てきた。スジ持ちは頭が無いときには有効なんじゃないかと思った。

2334577s45577p79mからの切り出し。頭の7sか7mを切るところだが、ぼんやりと7pを切った。切った後で気付いたのだが、7s切ったら233457という「はぐれ両面」の形じゃん。案の定6sをすぐに持ってきて、面子も頭も足らない状態でソーズが変な形に。その後先行リーチを打たれベタオリに。「はぐれ両面」は突如現れるから油断なら無い。

全体的な戦績は1-3-2-2でマイナス1600円、場代2000円。とにかくテンパイスピードで負け、先行リーチを入れられる厳しい展開だった。そんな中唯一取った5半荘めのトップ、1200円オールと800円オールをしてこの半荘だけで9000円くらい浮いた。それ以外はズタズタだったが、この半荘が無かったらと考えるとゾッとする。

場代の2000円について。1半荘400円なので5半荘分しか払っていないことになる。店が近代麻雀に広告を載せていて、それをもっていくと15半荘無料券がもらえるということで、そのうちの3枚を使った。この券、いきなり使うのではなく、ラスを引いたら1枚使うという感じにしようかと思う。そうすることで負けてるときの痛手を軽減できる。(店には迷惑だろうが、、、)。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
ブログ内謙作