忍者ブログ
日常の出来事などの記述です。 「雀記会」(麻雀成績)は「1位」-「2位」-「3位」-「4位」、収支、場代、の順。着順の推移でないことに注意。収支に場代は含まず。例えば「収支+2500、場代3000」だったら、麻雀自体の収支は+2500だが場代に3000円かかってるので実質の収支はマイナス500円。
[341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



稲葉に勧められて「凍牌」という漫画を読んでみた。高校生雀士「ケイ」が主人公で高レートや体の一部を賭ける麻雀をする漫画である。基本ケイは強い。記憶力がよく、ガンパイもし放題という設定である。しかし「流れ読み」などはまだまだで、それが出来る敵に苦戦している。

闘牌シーン自体は結構使い古されたものが使われてる。国士をツモるものの頭を切ってオープンリーチをしたり、マイナス7万点から8連荘したりなどが書かれている。しかし最近麻雀漫画逆に新鮮である。

この漫画、脇役が結構いい味出している。まずは「堂島」。流れ読みおよび流れのつかみ方が得意で雀力はケイより上。Sな性格で「負けたら何でも言うことを聞く」と約束し、勝った相手に「今後リーチするときは
「スーパーオチンチンリーチラリホー」と言え」などと言ったりしている。

あと「畑山」。雀力ではケイに劣るが麻薬づけになって強くなる。しかしケイには勝てない。登場初期はスカした大学生という設定だったのに、ここまでになるっていうのが笑える。

つーことで今一番オススメの漫画がこの「凍牌」である。ご一読あれ!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
ブログ内謙作